独立開業時のロゴ、名刺、ホームページ制作のデザインと費用の抑え方

<   イントロダクション   >
 
ブランドイメージ ” に関わるロゴホームページ名刺、ってどんなデザインにすればいい?よく言われる”統一感”って必要なの?なるべく費用は抑えたいけど。って方いると思います。不動産独立開業時に抱くそんな悩みの解決の参考になれば幸いです。(不動産業以外の方でもどうぞ笑)
 
 

<   ブランドイメージは ” 統一感を出すと良い ” って言うけどそんなに簡単なことじゃない   >

 
私は仕事柄、日系、外資系企業問わず、”ブランドブック”といわれるものを見せられ、『その内容に則したデザインをして』ってオーダーをもらうことが結構あります。
 
” ブランドブック ” とは、ザックリ言うと伝えたい ” イメージやメッセージ ” と、そのイメージやメッセージを伝えるための ” ルール ” が記載されている本です。
 
ブランドブックというルールを100ページ以上にわたり詳細に定めることで、ロゴ、web、店舗など様々な形態にデザインを展開してもイメージが統一され、メッセージに一貫性があり、印象に残しやすくする。という役割がブランドブックにはあります。
 
言い方を変えると、

・統一感を持たせる為には相応の時間とコストが必要
・ロゴ、名刺、ホームページ、それぞれ別のデザイナーに頼む場合は、デザインする人間ごとにテイストにバラツキがでやすく、統一感を出す難易度が上がる

ということです。
 
つまりスピード感とコストを抑えることも考慮しなければならない開業初期段階は ” 統一感を出す ” ことが最適な答えではありません。では、どんなデザインにしたら良いのか?アイディアを紹介いたします。
 
</>
 
 
 
 

<   ”デザインしないこと”を意識すると良い(特にホームページ)   >

 
え?何言ってんの(笑)すいません、ちゃんと説明します。ここで言う ” デザインをしない ” はよく言われる ” 引き算のデザイン ” とかいう話とちょっと違います。では、アイディアを ” 統一感 ” を出すデザインの考え方と比較して説明したいと思います。


A・ブランドイメージに則したデザイン
(統一感を出すデザイン)
 

次のようなことが必要です
1 伝えたいメッセージやイメージを推敲する
2 伝えたいメッセージやイメージを視覚化(ビジュアル化)する
3 視覚化したものを取捨選択し最適化する
 
よく言われている引き算(足し算の場合もあるかも)のデザインです。
*”引き算足し算のデザイン”についてはいづれ解説したいと思います。 


B・ブランドイメージを邪魔しないデザイン
(デザインをしないことを意識したデザイン)
 

次のようになります
1 伝えたいメッセージやイメージを推敲する
2 伝えたいメッセージやイメージを視覚化(ビジュアル化)しない
3 視覚化したものを取捨選択し最適化しない


つまりここでは
” デザインする ” を”視覚化(ビジュアル化)して最適化する”ということと定義しており

“伝えたいメッセージとイメージの視覚化をやめる”

という(Bのブランドイメージを邪魔しないデザイン)アイディアになります。
 
時間や費用がないというハンデがある中でデザインすると最適でないビジュアルになる可能性が高くなります。最適でないビジュアルと商品がセットになりユーザーに届くことで、伝えたいイメージやメッセージがぶれてしまいます。
 
ざっくり言うと、『ビジュアルがブランドイメージを邪魔するので商品画像と文字だけで作ったらどうでしょう』ということになります。

 
</>
 
 
 
 

<   具体的なアイディア   >
 

具体的なアイディアを参考事例の紹介と共に説明します。


ホームページ作成のポイント:

・装飾的な要素は極力省く
・文字と写真と動画だけで伝えることを意識する
・伝えたいメッセージを推敲し文字にする
・不動産物件(届けたい商品やサービス)の写真や画像にこだわる
・多くの情報を感じてもらえるよう動画を利用する

src: url#   ホームページデザインの参考事例  /


ロゴ作成のポイント:
 

ロゴはデザインした方が良いです。Illustratorを利用して自作するのもアリだと思います。このサイトでも自作ロゴデザインの作り方を紹介していますので良ければ参考にして下さい。
 
src: url#   ロゴデザイン作り方の手順  /


名刺作成のポイント:

・装飾的な要素は極力省く
・文字を揃えたり行間を調整することで形を意識する
・余白を意識する

src: url#   名刺デザインの参考事例  /


以上が具体的なアイディアとなります。参考にしてみて下さい。
 
</>
 
 

 
 

<   費用を抑える2つの方法   >

 
独立開業時はなるべく費用を抑えたい。その為の方法を紹介します。
ちなみに私は2020年度応募予定です。知ったの最近だし。。。(泣)

1: 国の補助金制度を利用する

ITの導入は国が推進しており中小企業や小規模事業者等のホームページ作成費用は国から補助金を得ることが可能です。利用できる補助金制度は以下二つです。(2019年度の募集は終了してるので2020年からの申し込みになります。)
 

・小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)
・IT導入補助金(経済産業省)

 
ホームページ制作に補助金が下りる
のは小規模事業者持続化補助金。Wixを利用した
ホームページ制作は顧客管理、販促機能を実装し活用した場合のみIT補助金が利用可能ということのようです。
 
条件・申し込み方法・募集時期・対象となる業種・対象となるIT・補助額それぞれ異なりますので詳しくは検索してみて下さい。


・小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)

src: url#  小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)  /
 
補助額: 上限50万円
補助率: 2/3
補足: 従業員20人以下商業サービス業は5人以下の企業あるいは個人事業主に限る


・IT導入補助金(経済産業省)

src: url#  IT導入補助金(経済産業省)  /
 
補助額: 40万円から450万円
補助率: 1/2
補足: 費用80万円未満は補助金が下りないということになります。また自社紹介目的のWEBサイトいわゆるホームページの製作には利用できないですが、ホームページにECサイトなどの通販や、高度なシステムを実装していると利用できるようです。(wixだと顧客管理機能や販促機能を実装しておりホームページでもOKのようです)

2: 自作する!

ホームページ作成も、ロゴも、名刺も、高望みしなければ自作可能です。このサイトでは最低限の機能の実装を前提としたホームページの自作方法も、ロゴの作り方も紹介していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。(ホームページ自作方法は随時更新していきます!)
 
src: url#   不動産屋、自作でホームページ作成にはWordpressがいい!  /

src: url#   ロゴデザイン作り方の手順  /
 

</>
 
 
 
 

<   まとめ   >

・統一感を出すことよりも”デザインしないこと”を意識すると良い。
・ホームページは言葉、写真、動画にこだわると良い。
・ロゴはデザイン性にこだわってもよい。
・名刺は極力シンプルで良い。
・小規模事業者持続化補助金を利用すると費用が抑えられる
・自作はそんなに難しくない

以上が独立開業時の、ロゴ、名刺、ホームページ制作のデザインのアイディアになります。

デザインのご相談は   KNOWLEDGE+ (ナレッジプラス)まで!(拝) 
 
 
 
 
</>

Comments are closed.